慢性肝炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 慢性肝炎の検査
本ページでは慢性肝炎の検査を解説しています。

慢性肝炎の検査

検査項目
γ-GTP、GPT、GOT、HBs抗原抗体、HCV抗体、肝生検、尿ウロビリノーゲン
検査解説
慢性であるか確認するため、GOTとGPTの検査を3ヶ月以上検査を実施し、異常が見られると慢性肝炎の疑いがあると考えます。その他、急性肝炎と同様の検査を実施し感染ウイルスの特定などを行います。
病気について
慢性肝炎とは肝炎が6ヶ月以上継続して続く場合のことを指し、主な原因としてはB型とC型肝炎ウイルスの感染です。慢性肝炎では症状に気がつかない場合も多く、症状が見られる場合は倦怠感、食欲減退、吐き気、腹痛、黄疸などの可能性があります。


スポンサードリンク

慢性肝炎の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 急性肝炎の検査 | 慢性肝炎の検査このページ | 肝硬変の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .