急性肝炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 急性肝炎の検査
本ページでは急性肝炎の検査を解説しています。

急性肝炎の検査

検査項目
GOT、γ-GTP、GTP、尿ウロビリノーゲン、HBs抗原抗体、HCV抗体
検査解説
GOTとGPTは肝細胞の破壊を調べれられ、その他に肝炎ウイルスを調べるために抗原抗体検査やその他血液検査などが行われます。
病気について
肝炎は大部分がウイルスによって引き起こされ、半年以内で治る場合を急性肝炎、それ以上の場合を慢性肝炎と呼ばれます。肝炎ウイルスはA型〜E型までありますが、大部分がA型肝炎で、感染すると潜伏期間の後、吐き気、発熱、嘔吐、腹痛、黄疸などの症状が挙げられます。


スポンサードリンク

急性肝炎の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« イレウス(腸閉塞)の検査 | 急性肝炎の検査このページ | 慢性肝炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .