胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査
本ページでは胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査を解説しています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

検査項目
X線、内視鏡検査、便潜血、胃液分泌機能
検査解説
まずX線で潰瘍があるか調べて、その後内視鏡検査で確認します。潰瘍がある場合は良性か悪性か確認します。
病気について
胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった潰瘍は胃液の消化作用で引き起こされます。潰瘍の原因は食生活のみだれ、喫煙などの要因があり、症状としては空腹時のみぞおち付近の痛み、吐き気、嘔吐、胸焼けなどが挙げられます。


スポンサードリンク

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 胃炎の検査 | 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査このページ | 潰瘍性大腸炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .