胃炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 胃炎の検査
本ページでは胃炎の検査を解説しています。

胃炎の検査

検査項目
X線、上部消化管内視鏡
検査解説
慢性胃炎は胃がんの危険性も考えられるため、胃ガンの発見のために内視鏡検査があります。
病気について
胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があり、慢性胃炎は内視鏡検査で胃壁に炎症が慢性的に起こっていることを確認できた場合をいいます。胃炎の原因には食生活のみだれ、ストレスなど様々な要因があります。胃炎の症状には、胃の痛みや吐き気、食欲減退などの症状が見られます。


スポンサードリンク

胃炎の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 不整脈の検査 | 胃炎の検査このページ | 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .