高血圧症の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器の検査 > 高血圧症の検査
本ページでは高血圧症の検査を解説しています。

高血圧症の検査

検査項目
血圧測定、尿タンパク、尿糖、心電図、クレアチニン、X線
検査解説
高血圧症の主な検査は血圧測定で行われます。その後高血圧症であるとわかり、原因と進行度合いを調べるためにその他の検査が行われます。
病気について
高血圧症とは血圧が高い状態のことで、本態性高血圧症と二次性高血圧症の2種類があります。
本態性高血圧では遺伝的な要素、肥満、ストレスなどが原因で起こり、二次性高血圧では腎臓病などのその他疾患により、二次的に高血圧症が引き起こされています。血圧が上昇すると動悸、頭痛、耳鳴りなどが起こりますが、怖いのは脳卒中等の怖い病気を引き起こす原因になることです。


スポンサードリンク

高血圧症の検査」では、
"循環器の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器の検査」をご参照ください。


循環器の検査一覧

« 肺気腫の検査 | 高血圧症の検査このページ | 動脈硬化症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .