神経超音波検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器の検査 > 神経超音波検査
本ページでは神経超音波検査を解説しています。

神経超音波検査

神経超音波検査とは?
神経超音波検査は主に血管や血流の状態を画像化して調べる検査です。超音波の性質を応用した神経超音波検査には「頸部血管超音波法」と「経頭蓋ドップラー法」などがあります。
神経超音波検査の大まかな流れ
1.頸部血管超音波法
頸部に超音波発信機をつけて検査を行う方法で、動脈硬化症を調べるときに役立ちます。
2.経頭蓋ドップラー法
頭部に超音波発信機をつけて脳の血管や血流を調べる検査です。

神経超音波検査で確認する病気
脳血管閉塞、脳血管狭窄、動脈硬化症、心筋梗塞など。


スポンサードリンク

神経超音波検査」では、
"循環器の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器の検査」をご参照ください。


循環器の検査一覧

« 動脈血ガス分析 | 神経超音波検査このページ | 心嚢穿刺検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .