狭心症の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器の検査 > 狭心症の検査
本ページでは狭心症の検査を解説しています。

狭心症の検査

検査項目
X線、血圧測定、心電図、シンチグラフィー、心臓カーテル、冠状動脈造影
検査解説
始めに問診で症状を確認し、心電図、冠動脈造影などを実施していきます。必要に応じてその他の検査も行われます。
病気について
狭心症は心臓への血流減少により心筋に酸素が不足し、元に戻る時に心筋虚血となって胸痛発作が起きます。主な原因としては動脈硬化があり、動脈が狭くなる為に酸素不足となって引き起こされます。狭心症となると胸を締め付けるような痛みと圧迫の発作が起きます。


スポンサードリンク

狭心症の検査」では、
"循環器の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器の検査」をご参照ください。


循環器の検査一覧

« 動脈瘤の検査 | 狭心症の検査このページ | 心筋梗塞の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .