肺気腫の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器の病気 > 肺気腫の検査
本ページでは肺気腫の検査を解説しています。

肺気腫の検査

検査項目
X線、肺機能
検査解説
肺機能検査を実施して、肺気腫を調べます。X線で異常がなくても、穏やかな運動ですぐに息切れする場合は肺気腫の可能性も考えられます。
病気について
肺気腫とは肺にある肺胞と肺胞の間にある壁が壊れ、肺胞の集まりができた状態です。肺気腫になる原因としては大気汚染や加齢、気管支炎、体質などが組み合わさって引き起こされるのが一般的です。症状は息を吐きにくくなるといった症状が見られます。


スポンサードリンク

肺気腫の検査」では、
"呼吸器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器の病気」をご参照ください。


呼吸器の病気一覧

« 肺炎の検査 | 肺気腫の検査このページ | 高血圧症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .