気管支炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器の病気 > 気管支炎の検査
本ページでは気管支炎の検査を解説しています。

気管支炎の検査

検査項目
胸部X線、血沈、白血球数、CRP、肺機能、X線CT
検査解説
主に聴診と問診で実施され、さらに詳しく調べるために血沈、白血球数、CRP。他の病気と区別するためにX線などが実施されます。
病気について
気管支炎とは風邪などによる微生物の感染やアレルギーなどによって引き起こされ、せきとたんという症状が見られます。気管支炎のタイプには急性の気管支炎と慢性の気管支炎があります。


スポンサードリンク

気管支炎の検査」では、
"呼吸器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器の病気」をご参照ください。


呼吸器の病気一覧

« パーキンソン病の検査 | 気管支炎の検査このページ | 気管支拡張症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .