肺結核の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器の病気 > 肺結核の検査
本ページでは肺結核の検査を解説しています。

肺結核の検査

検査項目
X線、結核菌検査、MRI
検査解説
X線撮影を実施し、更に検査を確認するため、MRIや気管支造影を用いて肺がんや肺炎との区別を行います。確定診断には結核菌検査を実施します。
病気について
肺結核とは結核菌が肺に感染して起こる慢性の病気です。結核の原因は結核菌による感染ですが、感染パターンとしては、保菌者からのせきなどによる飛沫感染、保菌者から結核菌が塵や埃について、感染者がその浮遊物から感染する塵埃感染の2種類があります。
肺結核の症状としては、最初は自覚症状がありませんが、徐々にせき、たん、発熱、倦怠感、胸痛などが引き起こされる可能性があります。


スポンサードリンク

肺結核の検査」では、
"呼吸器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器の病気」をご参照ください。


呼吸器の病気一覧

« 前立腺肥大症の検査 | 肺結核の検査このページ | エイズの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .