気管支ぜんそくの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器の病気 > 気管支ぜんそくの検査
本ページでは気管支ぜんそくの検査を解説しています。

気管支ぜんそくの検査

検査項目
X線、動脈血ガス分析、赤血球、ヘマトクリット、血液像、血沈、肺機能、CRP
検査解説
喘息となると、せきや喘鳴といった特徴的な症状が見られるため、症状からある程度判断できます。詳しく調べるために上記の検査項目を実施します。
病気について
気管支ぜんそくとは、気管支が収縮し、せき、ぜんめい、呼吸困難などの症状が見られる病気です。ぜんそくの原因としては、アレルギー反応、微生物による感染、などが考えられます。


スポンサードリンク

気管支ぜんそくの検査」では、
"呼吸器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器の病気」をご参照ください。


呼吸器の病気一覧

« 花粉症の検査 | 気管支ぜんそくの検査このページ | 全身性エリテマトーデスの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .