進行性筋ジストロフィーの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 骨・関節・筋肉の病気 > 進行性筋ジストロフィーの検査
本ページでは進行性筋ジストロフィーの検査を解説しています。

進行性筋ジストロフィーの検査

検査項目
遺伝子診断、筋電図、CK
検査解説
遺伝性の疾患であるため、遺伝子診断を実施し、血液検査なども行われます。確定診断の場合は筋組織を調べられます。
病気について
進行性筋ジストロフィーとは遺伝子の異常で引き起こされる疾患で、筋肉の萎縮や脱力が起こります。症状としては、肩、腕、腰、顔などに筋肉の萎縮と脱力が起こります。


スポンサードリンク

進行性筋ジストロフィーの検査」では、
"骨・関節・筋肉の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「骨・関節・筋肉の病気」をご参照ください。


骨・関節・筋肉の病気一覧

« 脳梗塞の検査 | 進行性筋ジストロフィーの検査このページ | パーキンソン病の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .