脳出血の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳・神経の病気 > 脳出血の検査
本ページでは脳出血の検査を解説しています。

脳出血の検査

検査項目
血圧、X線CT、脳波検査、MRA、MRI、頭部血管造影、動脈血ガス分析
検査解説
検査はX線CTやMRIで100%診断可能です。必要に応じてその他の検査が行われます。
病気について
脳出血とは脳卒中の一つであり、脳の血管が破れる状態のことを指します。
脳出血の主な原因は動脈硬化や高血圧などがあり、脳出血が起きると痙攣や麻痺意識障害、吐き気やめまいなどが起きます。


スポンサードリンク

脳出血の検査」では、
"脳・神経の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳・神経の病気」をご参照ください。


脳・神経の病気一覧

脳出血の検査このページ | 脳梗塞の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .