PET検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳・神経の病気 > PET検査
本ページではPET検査を解説しています。

PET検査

PET検査とは?
PET検査は体内に取り込んだ放射線同位元素からの放射線を画像化させるRIと、臓器・器官の断面を画像化させるCTをあわせたものです。原理はSPECTと同じで、使用する放射線同位元素の種類が異なります。なお、PETはポジトロン・エミッション・トモグラフィーの略で陽電子放射線断層撮影とも呼ばれます。
PET検査の大まかな流れ
PETの検査台に上がり、目隠しをした状態で頭部を固定して検査を行います。検査の所要時間は約1時間です。
PET検査で確認する病気
PETでは生理機能異常(酸素消費量、アミノ酸代謝、ブドウ糖代謝など)を調べることができ、脳疾患や腫瘍の発見にも役立ちます。


スポンサードリンク

PET検査」では、
"脳・神経の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳・神経の病気」をご参照ください。


脳・神経の病気一覧

« SPECT検査 | PET検査このページ | 気管支造影検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .